退屈な夜

好きなことだけ

自己紹介

 

ブログの説明

考えをまとめるために吐き出す場として使うことが多いので人に読んでもらうための文章になっておらず読みにくいかもしれないのですがそういうことなのでご了承ください。

 

Twitter→@taikutsunayoru

 

名前

退屈な夜

 

職業

会社員

 

年齢

22

 

すきなもの

音楽 / 舞台 / 芸術 / 文学 / 化粧 / 酒

 

苦手なもの

虫 / テレビ / 仕事

 

好きなアーティスト

M.C. Escher

Franz Kafka

Harold Pinter

Tim Burton

Danny Elfman

Alan Menken

Maroon5

The Beatles

Queen

T.Rex

ROLLY

Jin Akanishi

 etc.…

 

 

いろいろ

4.5ヶ月ぶりくらいの更新だー

なんかここの存在を忘れて生きてた。

 

特に何もないけどなんとなく眠れなくて開いてしまったので最近思ってることを書き連ねる。

 

最近の悲しいこと。

自分のできないことが多すぎて悲しくなってくる。

仕事は別に問題ないけど、家のこと、自分のことができない。

自分を生活させるための行動が取れない〜

まずゴミをゴミ箱に捨てられないっていうね。

壊滅的すぎん?

そんでもってゴミの日にゴミを出せなくてしんどい…燃えるゴミは2〜3週に1回くらいは出せてるけど資源ごみがまじで出せない……

あとは服を畳めない、その上服をしまえない。

片付け系がマジでできない。

あと家の中ですぐ物をなくす。

これも片付けができないせいだと思う。

それから水分補給ができない。

昔からそうだけどなんか喉が乾く感覚が鈍ってるのかな?

でも飲んでも飲んでも喉が乾く時もあるし自律神経おかしくなってるとしか思えない。

ご飯の適量がわからないのもあるなぁ…

人と一緒に食べてると満腹感を感じられるけど1人だとわからなくてめちゃくちゃ食べちゃう。

逆に全く食べなくても平気な時期もあったりして自分がわからん…

 

以上、一人暮らしをしてみて気がついた自分のできないこと。

 

最近ハマってること

今現在ハマってるとか言えるものがそもそもない気がする。

けど平日は帰ってきてボーッとYouTubeみて一日が終わるって感じ。休日もそんな感じ。

博物館美術館も全然いってないな…

いや、一昨日IMTには行ったけど。

上野に全然いってない…

あとディズニーも年始に1回行ったきりそこから行ってないな…明日あたり行こうかな。

あとなんか知らんけどニンニクにめっちゃハマってたわ。

そうだ、ニンニクだ今ハマってる物。

ニンニクに合いそうなもの買ってきてありえん量ニンニクチューブかけて食べてる。

そんな感じ。

 

 

 

最近気がついた自分の好きなもの

最近迷走しすぎて何が自分好きかわからなくなって改めて考え直してたけど、色で言うと、青、紫、赤、黒、金、ガンメタ 、キラキラしたものが好き。

特に青黒金ガンメタキラキラが好き。

ガラスも好き。

変なデザインのテーブルとかも好き。

鏡が好き。

額縁が好き。

鏡が好きなのもどっちかっていうとフレームが好きって言うのあるかも。

椅子が好き。

たまごが好き。

海底二万マイルみたいなスチームパンクデザインのインテリアとか世界観が好き。

服装はあんまりスチームパンクには惹かれないや。

魚モチーフが好き。

水が好き。

メガロドンが好き。

くじらが好き。

サメが好き。

ワニが好き。

大きな海(水辺)の生き物が好き。

香水瓶が好き。これはガラスが好きに含まれるのかな。

ドーム型の水晶が好き。特に紫水晶

小さい頃セーラームーンが好きで、銀水晶にめちゃくちゃ憧れてて、生まれて初めてみた水晶が紫水晶だったんだけどもうめちゃくちゃ憧れちゃって。色とかは普通の水晶の方が似てるのに。だから今でも紫水晶は特別な感じがする。

エッシャーが好き。

ぴよちゃんが好き。

くまきちが好き。

コートが好き。カバンが好き。靴が好き。

ハイネックが好き。

ベッドが好き。

化粧品が好き。

香りが好き。

空が好き。星が好き。

 

そんな感じ。

 

とりあえずモヤモヤしてることとかたくさんあったけど好きなもの書き出してたら幸せな気分になってきた。明日からも頑張って生きよ🙆‍♀️

ボルタンスキー展に3回行った話

 

※はじめに

彼の作品は言葉にできない感覚を心に深く感じるような作品ばかりでした。

この記事では言葉にできない感情を言語化しようとしているので実際に感じたことが正確に表現できていません。

なのでだいぶざっくりとした感想になっています。

感じたことはこの記事の数百倍はあります。

語彙力のなさを悔やむばかりです。

また、作品に対して感じることは人それぞれ違うと思います。

彼の意図を正確に汲み取れているかもわかりません。

以上の点、ご了承ください。

 

 

 

 

9/2まで国立新美術館で開催されているボルタンスキー展に、3回行きました。

 

舞台やライブはよく生物とも言われ、毎回見るたび変わるっていうのがあるので何度も行くんですけど、芸術作品はあまり生物、という印象はなく普段何度も行くことはそんなにないんですけどね…。

 

もともと、ボルタンスキー展が開催されている、ということは知っていましたが、ボルタンスキーについても、彼の作品についてもよく知りませんでした。

 

さて、はじめに行ったのは7/20。

まず、行こうと思ったきっかけなんですけど、この前日に科博で開催中の恐竜博にいき、帰りにフライヤーを眺めていたらボルタンスキー展のフライヤーを見かけて少し興味を持ったんですよね。

その帰り道に高校時代からの友人(静岡にいる)から「来週から関西勤務になるから今までみたいに気軽に会えなくなる。明日そっちにいくから会おう」という旨の連絡をいただきました。

夜にライブがあるのでそれまでなら〜って感じでOKしてとりあえずランチにいくことに。

で、ランチの後、ライブまで時間あるしどうしよっか…?ってなってなんとなく美術館へ行く流れに。

はじめはミュシャとか観に行こうって言ってたんですけど急にボルタンスキーのことを思い出して、乃木坂いこ!って言ったらOKしてもらえたので友人と2人で行きました。

 

フライヤーでみた電球が美しかったので、なんかフォトジェニックな感じの作品が多いのかな、なんてことを思いながら。

 

しかし入ってすぐに聞こえてくる心音。

 

入り口横のスペースで上映されているのはひたすら人形を舐める男。

そして次に流れるのはひたすら血を吐く男。

 

なんっだこれは、、と思い入り口でもらった新聞のような作品紹介をガサガサしながらもその映像に釘付けになる私。

 

友人がどう思ったかはわからないけどとりあえずもうその映像見ればみるほど「えっ無理好き…」って感じ。

 

次のスペースではたくさんの白黒の写真が隙間なく壁に並べられていました。

普通の家族の日常を切り取ったアルバムの写真。

私はこの作品を見てなんだか切ない気持ちになりました。

 

そしてボルタンスキーの作業風景の動画がたくさん並べられた壁。

私この作品がめちゃくちゃ好きです。

普段見ることのできない芸術家の生活をみれるってすごいなって。

とても興味深く観ていました。

 

あと、吊るしたオーナメントに光を当てて影を映し出してる部屋があったんですけど、それがもう言葉にできないのですがみているとこの世のことを忘れさせるような部屋で、なんというか…すごい(すごい)

 

この部屋の次は鏡張りの部屋の真ん中に心音に合わせてゆっくりと点滅する電球の吊るしてある部屋がありました。

心音はここから聞こえていたのか…!

と答え合わせができた感覚。

この部屋と次の部屋の境に人の顔が映された簾みたいなのがあるんですけど、電球にそれが反射して写っているのがめちゃくちゃ好きでした。

そして心音、ずっと聞いてると不思議な気待ちになるんですよね。

ききながらコインロッカーベイビーズを思い出していました。

なんかお母さんの胎内に戻ったような感覚。

この部屋、結構他の来場者さんたちはさっと通っていく方が多かったのですが私はだいぶ長いことここで立ち止まってしまいましたね。

 

この部屋を抜けるとまた光と影を使った作品。

悪魔の影が部屋をぐるぐる回っていました。

すごい(すごい)

 

この部屋に接してる部屋は二つあるんですけど順路通りに左へ行くと人の写真がたくさん。

 

制作時点で既に亡くなっていた方の写真を使っている、と言うのがなんとも不思議な気持ちにさせました。

なんだろう、めっちゃ教会みたいな。

でも周りみんな亡くなってるみたいな。

生と死をすごく感じされられました。

あと他にも感じたことはたくさんあるんですけどちょっと言葉にするのが難しいです。(これはこの作品に限らず他の作品も)

 

そして、いくつか部屋を抜けて撮影できるスペースに。

 

f:id:K103104U323715N:20190824103124j:image
f:id:K103104U323715N:20190824103138j:image

 

言葉にできないです。ちなみに序盤の影の部屋のモニュメントもこんな感じ。

 

この通りを抜けると黒い洋服が山積みになっていて、黒いコートを羽織ったライトがたくさんありました。異様〜〜

 

f:id:K103104U323715N:20190824103218j:image

このライトがすごいんですよ。

私もう死んでるんです。

なんで死んだか、どう言う気持ちで死んだか、と言うことを問うてきます。

めちゃくちゃ好きです。

言葉にできません。

精神に訴えかけてきます。

これは多分、身近な大事な人を亡くしたことがある人とそうでない人で感じ方がまた違ってくるのではないかと思いました。

私は前者なのでいろいろなことを考えてしまいました。

言葉にできないんですけど。

 

この部屋の横にはクジラを呼ぶ映像作品がありました。
f:id:K103104U323715N:20190824103228j:image
f:id:K103104U323715N:20190824103240j:image

 

そしてこのゾーンを抜けると…
f:id:K103104U323715N:20190824103214j:image

来世…やっぱり私死んでたんだ…みたいな気持ちになりました。

 

この部屋の次の部屋にフライヤーでみた電球がありました。

この電球が私を何度もこの展覧会に行かせる原因ともなったものです。

会議が終わりに近づくにつれてどんどん光が減っていくんです。

簡単に言うと、すごい…死を間近で感じてる……というか作品の命を感じている…みたいな気持ち。

(言葉にうまくできないのでこれは正確な表現ではないのですが)

 

 

初日は撮影不可スペースだったので初日の写真はないので2回目と3回目の写真です。

 


2回目(8/9)
f:id:K103104U323715N:20190824104208j:image


3回目(8/23)
f:id:K103104U323715N:20190824104202j:image

減っています。

最終日にもう一度行きたいけれど仕事が…

この向かいには大量のカラフルな衣服、そして金色の布の上を電球が揺らめく展示。

 

f:id:K103104U323715N:20190829081630j:image

電球の揺れるのに合わせて金の布の表情が変わりまるで呼吸しているかのように見えます。

この世のことを忘れてただひたすら布の呼吸に魅入ってしまいました。

 

この部屋の次がラストの部屋です。

この部屋もめちゃくちゃ最高で、揺れる電球と動く影…みたいな…なんだろう、高速日時計(?)

うまく言葉にできないんですけど時間の流れを感じました。

作品はここで終わり。

いや〜〜〜すごい、すごすぎる。

良い映画を観たあとみたいな気持ち。

 

 

会場を出て友人と顔を見合わせて、2人とも言葉が出なくて。

ざっくり2人で話した感想は「すごい」「宗教」「胎動巡り」「生まれ変わった」「生と死」「光と影」「考えさせられる映画を1本観た後みたいな気分」

って感じ。

伝わるかな〜〜〜〜伝わらないよな〜〜〜〜

これは感じる展覧会だな、と思いました。

もしお時間あれば足を運んでみてください。

なんだか世界が違って見えます。

 

 

6月の目標と社会人のぼやき

 

 

最近目標とか書いてなかったんで、今更ですが今月の目標。

 

とにかく楽しく生きる。

 

最近昔みたいに楽しく、というか自分らしく生きれてない気がするなって思ったので改めて宣言。

とにかく楽しく生きるぞ〜〜〜〜

 

 

そして最近楽しく生きれてない原因?かわからんけど、社会人になって心が荒んでるなって思う。

朝ギリギリまで寝て、10分で化粧して、髪巻く時間ないから前髪だけ巻いて後ろは束ねて、朝ごはんを食べる間も無く家を出て、定時ぴったりに退社して帰ってきてご飯つくる元気もなく、YouTubeみながらサラダチキンを食べ酒を飲みタバコを吸う…

毎日こんな生活しててそりゃもう荒みますよね〜〜

 

なんというか目的もなく生きるために生きてるみたいな(?)そんな感じがしちゃってしんどい毎日。

 

楽しいんだけど!週1で現場行ってるし!

でもなんか足りてない感じがあるというかなんというかなんでしょうねこれは。

 

ときめきを糧に生きてるとか前に言ってたけど多分今あんまりときめいてないわ。

 

というか、ときめいてはいるんだけどときめきが足りてない…

 

仕事大変なわけでもないのに、なんかやりたいことができてない感覚?

 

かといって、仕事はもともとやりたいことだったし今もやりたいことできてるとは思うんだけど…

 

って感じで、本当にやりたいことってなんだろうって考えた時に真っ先に浮かんだのが"勉強"

 

いや、勉強嫌いのはずの私が勉強したいってなんだそれ

 

勉強なんてすりゃいいじゃんて感じもあるんだけど、なんだろうな〜〜〜なんだろう。

 

何がしたいのかわかんないよ〜〜〜〜〜〜

 

今まで上田竜也になりたいと思って生きてだけど最近その気持ちも薄れてきてるししんど〜〜

 

あと関係ないけど左だけ肩こりがひどくてピキピキいうし喉も鼻もおかしくなったし、ダメだこりゃ〜〜〜

 

とりあえず最近香水も毎日同じだしなんか刺激なくてしんどいからいつもと違う香りでも身につけてテンションあげてこ卍

 

7ORDER

 

自担がやらかしてウワアアってなってたところに嬉し過ぎるお知らせが〜!!!!

 

ついに帰ってきましたね〜〜〜!!!!

7人で!!!!!

 

めっちゃ嬉しい…

 

萩ちゃんの読んでる本、何かな?って思ったんですけど完全オリジナルみたいですね。

左上にORDERって書いてあるから7ORDERがタイトルなのかはたまた7ORDERっていう章を読んでいるのか否かはわからないけど、これが次の舞台に関わってきたりするのかな?

 

世界に一つだけの花っぽいフレーズがあったり、7人の絆を感じさせてくれるような文章や7人の紹介とかもう全部見せてくれ〜〜って感じ…

 

最高に最高過ぎる。

 

これからの彼らにますます期待ですね〜💕

今日も幸せだ〜明日からも7人のために稼ぐぞい💕

 

 

詳細はこちら!(さなぴ丸パクリしました)

YoutubeのチャンネルURL

https://www.youtube.com/channel/UCHs0XM04nZ8zKZFxMIMajVA

 

Twitterアカウント

@7order_official

 

▼オフィシャルサイトURL

https://7order.jp/

 

19卒。ついに入社してみた感想(入社直後編)

 

以前この記事

https://taikutsunayoru.hatenablog.com/entry/2018/05/16/183928

にて就活記録を書いたものです。

今見るとこのころの私頭おかしかったなと思います。自分で読んでいて恥ずかしい。

 

さて、先日入社式を終え、現在研修を受けております。

といってもまだ本当に始まったばかりですけど。

 

現時点での感想は、学生時代に比べてめちゃ楽〜〜〜〜と言う感じ。

 

だってまだ研修だけなんだもん。

定時で帰れるから家に着くの18時前なんだもん。(定時17時の民)

それでいてちゃんとお金がもらえるんだもん…。

 

今まで大学に2時間半かけて通ってその後バイト、土日もバイト、空いた時間にライブや舞台、と言う生活を送っていた身としてはとても楽です。

 

まともな大学4年生ならきっともっと暇な日々を過ごしたりしていたのかもしれないのでなんとも言えないけれど、大学4年にもなってほぼ毎日大学へ通い卒論を書き、バイトに行っては休憩中に卒論、家に帰ってきてまた卒論、もっと稼ぎたいけど忙しくて稼げない葛藤、ライブに行きたいけどお金もないしやらなくちゃいけないこともたくさんあるからなかなか行けない…(とは行っても月2.3くらいで現場行ってたけど)

 

バイトとほぼ時間が同じ(1時間早く家出なきゃいけないけど)だし、帰ってきてからやるべきこともまだ特にない、お金の心配もない、そして日付が変わる前に寝られる幸せ…。

 

ずっとこのままならいいのに、と思うくらいに今は楽です。

なんてったって研修だけなので。

 

実務に携わるようになったらまた変わるだろうと思うので、今の「超楽〜♡」と言う気持ちを記録するために書いてみたブログですが、入社した後のことが不安な就活生はこれをみてとりあえず安心して欲しい。

 

入社した直後はなんの心配もないです。多分。

ウェルテルとiPhone

若きウェルテルの悩み、今更ながら読みました。

銃で自死するシーンでちょうど序曲1812年の大砲が鳴り響いてめちゃくちゃびっくりしました。

実はゲーテの作品自体初めて読んだんですけど、すごい…すごい。(語彙力)

とりあえず今月末のオペラウェルテルを予約しました。

 

そして、3年目に突入しようとしていた我がiPhone7がここにきて圏外病に…。

リコール対象機器だったので無料交換してもらえるかもしれないということで明日修理屋さんに持っていこうと思います。

昔使ってたiPhone6が残っていてよかった…。

今はSIMカードを6に差し替えて生活しています。

不便なのはSuicaを完全にiPhoneに入れて使ってたので修理または交換されるまで使えなくなることですね…悲しい。

それとPCもあまり調子が良くなくてバックアップが取れないのも悲しい…。

まあiCloudでどうにかなってるけれども…。

良くなることを願うばかり。