退屈な夜

好きなことだけ

「ときめき」を糧に生きるひとの話

 

私は好きなものがたくさんあって、好きなものに触れないと生きて行けないんだけど、なんでだろうって考えた時に、好きなものから得られる「ときめき」で心臓動かしているからじゃないかっていう考えに至った。

 

そこで、「ときめき」の対象になるものと、それのどういうところに「ときめき」を感じるのか、ということをつらつらと書いていこうと思う。

 

1.綺麗なガラス

私はガラスが大好きで、特に青いガラスがすごい好き…。

海とか空のような大きな自然を感じることもできるけれど、なかなか食品には使われない人工的な色であるとも感じる。

そんなところにときめきを感じているのかなぁ…

 

2.ゆで卵を割ったら綺麗な半熟だった時

たまらなくときめく。半熟の卵はこの世で一番美味しそうに見えると思うし、黄身がトロッと溶け出した半熟の卵が載っている食べ物は無条件で美味しいものだと脳が判断する。

 

3.ファンサ

これはめちゃくちゃときめくよね。

ただ、恋をしてるようなときめきではなくてこれも卵を割ったら綺麗な半熟だった時と同じ類のときめきである、ということを忘れないでほしい。

普通の人とは違うベクトルのときめきだけれど、これは1度あれば1年は生きられる、否、これで得られたときめきは一生忘れないから徐々に効果は薄まるにしても持続性のあるときめきであると思う。

 

4.好きな絵を見た時

私はM.C. エッシャーが死ぬほど好きなので家の至る所にエッシャーの絵を飾っていて、ほとんどを電子書籍化してしまった今唯一持ってる紙媒体の書籍はほぼエッシャー関連といっても過言ではない。そのぐらいにエッシャーが好き。

どんなところにときめきを感じるか、っていうのはちょっと難しいな、なんていうか数学的な魅力を感じる。

ほかに、ジョアン・ミロの作品を見てもときめくし、ダリの作品にもときめくものはある。

あとゴッホに関しては詳しくないのだけれど、星降る夜はめちゃくちゃときめく。

 

5. 街中で階段や細い道、橋、扉などを見つけた時

これは建物の中にある階段、というよりは外から見える階段。 なんでだろうなぁ、この先になにが繋がってるのかわからないドキドキ感とか、そういうところがときめくポイントかも。

細い道、橋、扉もたまらなくときめくのはそういうことかも。この先になにがあるのだろう、というワクワクからのときめき。

 

6. 数学の問題や、パズルなどが解けた時

これは快感でしかない…ときめきとは違うのか?と思ったけど、きっと難問を解いたときのその解く過程が美しければ美しいほどときめくのでそういうことだと思う。よくわからんけど

 

7. ビジネスホテル

ビジネスホテルのときめきったらハンパないよ。

以前何かの記事で書いたけど、狭い中に人が不自由なく暮らせる完成された空間があるという美しさ。完璧。パーフェクト。

 

8. 素敵な文具

文具にときめくという経験は誰しもがあるのではないか?と私は勝手に思っているのだけれどどうだろう。

なんでときめくのかわからんけどたまらなくときめくよな〜〜〜

 

9. 文字を書くとき

文字を書くことにときめきを感じる。

というよりはもしかしたら思考を自らの手で視覚化できる、というところにときめきを感じているのではないか?と、ふと思った。

 

10. ワンプレートにご飯が完成したとき

好きな食べ物が1つの皿にたくさん載っている状況にときめかないわけがない。

ちなみに私は、卵と野菜と果物とと麦ご飯が好きなので基本的にワンプレート料理は煮卵、麦ご飯、サニーレタス、アボカド、マンゴー、人参、トマト、ブロッコリー、ぶどう を乗せるっていう感じ。

手抜き感満載なんだけどそれだけ簡単に作れるのにたまらないときめきを得られるんだからときパ(ときめきパフォーマンス)良すぎる。

 

11. 好みの車

クラシックカーだったり濃紺やガンメタの車を見るとたまらんんんんんってなる。

お台場にあるgarage history(?)に行くとときめきパワーが充電できる。

あ、急に行きたくなってきちゃった。

明日行けたら行こうかな。

 

12. インダストリアルインテリア

黒のスチール×ウッドとかめちゃくちゃ良くないですか…。最近男前インテリアとか言われてるらしいけどダサいからやめてほしいというか女性でそういうインテリアが好きというと男前だねwみたいなことを言われることがあるので個人的にあまり好きでない。

アメリカンヴィンテージとかそういう感じのいいよね〜〜〜たまらんたまらん。

クラシックカーもそうだけど古いものだいすき!

 

13. レトロ・アンティーク・ヴィンテージ・クラシック

今上の項を書いていて思った。古いものがだいすき!!!

アンティークゴールドの額縁とか、インテリア系もたまらんのよ…買ったところで使い道のない文鎮みたいなのもキュンとする。

 

14. 魚のモチーフ

なんで好きか本当にわからないけど魚モチーフだいすき!

お皿とか箸置きとかフォークとか、魚モチーフのもの結構持ってる。

すき〜〜

 

15. 時計

デジタルアナログ問わずかっこいいと思う。

ただしデザインが素敵なものに限る。って感じ。

なんで時計好きなんだろうね、歴史を刻んでる感じがするからかな?

 

16. たまご

散々登場してるけどたまご。 半熟の卵はもちろんときめくけど卵全般ときめく〜すき〜〜〜

 

17. 英字だらけの食品

輸入雑貨店とかに売ってそうな感じのやつ。

なんでだろうね、よくわからんけどすき。

 

18. 木製の食器、カトラリー、調理用具など

たまらん"

 

19. 黒、青、金、ガンメタ、メタリックなどの色

青って言っても鮮やかでないもの。

濃紺のメタリックとかたまらん…

エメラルドグリーンとかもすき…

黒のガラスもたまらんしガンメタブラックもいいよね

メタリックピンクとかも好きよ。ライターとかそういう色のやつ買っちゃうよね。

こういう色のもの見るとあ〜♡ってなる。

 

20.香水

これは女性なら8割型ときめくのでは???と思っちゃうんだけどときめくよね…

香りにもときめくしガラス瓶にもときめいちゃう。そして香りと瓶の組み合わせもときめきポイント百点満点👏

 

21. 鞄、靴、コート

着飾るためのものの中でも特にときめくのが鞄と靴、コート。

もちろん素敵な服にはときめくけどそれ以上に私は鞄と靴とコートが好き。

コートはだいすきなんだけど私は特殊な体型をしてるので日本のアパレルブランドのコートはサイズが絶妙に合わなくて着られてる感が出ちゃって海外メーカーのものしか着れないんだけど、それでもお店行くとコートを試着せずにはいられないよね。今シーズンは30着近く試着したかな。

コートもそうだけど、鞄や靴はあまり目がいかないようで結構人の印象に大きく関わると思うのよ。

みんなコートの中に着る服に一生懸命になりがちだしそれは良いことだと思うのだけれどもやっぱり鞄が黒ずんでたり靴のかかとが汚れていたりするとあらあら?ってなっちゃったりするじゃない。

あと、服がたとえGUやユニクロだったとしても鞄や靴が素敵だと全体的に素敵に見えたりするし。

きっとそんな風に地味に印象を大きく左右するものだから私は靴や鞄が好きなんだと思うんだけど、うん。まあ〜たまらんよね。

靴や鞄のメンテナンスをするのも好きなんだけど綺麗になった靴や鞄を見てもときめく。

 

ここまで書いて思ったけど靴鞄とコートは分けたほうがよかったかな。

 

23. 空

私は外を歩く時は大抵空を見て歩いているので電柱にぶつかったりすることもよくあるんだけれども空ってやっぱり素敵だよね。1のガラスのところでも似たようなこと書いたけど私空が好きだから青が好きなのかもしれないな。

夜空も朝の空も夕焼け空も全部好き。

星や月がよく見える冬の夜空の美しさはたまらん。

けど、最近のお気に入りは夕焼け空。

最寄駅から家までの帰り道の途中に夕焼け空が綺麗に見えるスポットを見つけてしまって少し遠回りになるけどそこを通って帰る。

青赤橙紫濃紺の綺麗なグラデーションがたまらなく美しい。心が洗われる感じがするし、この夕空を眺めると生きててよかった〜とすら思える。そんなときめき。

 

 

 

さて、眠くなってきたから今日はここまで〜

逐次追加更新します( ◜◡^)